WORKS

WORKS

ABARTH595にKW Ver.3をお取付け。

施工車種 : ABARTH595

ABARTH595に KW Version3 をお取付けです。

ベースグレード車高の大きく開いた隙間問題の解決と、乗り心地向上を狙います。
純正16inchホイールをそのまま活かしますので、出面はスペーサーにて程よくツライチに。

ご紹介させて頂きます。

 

こちらが今回使用させて頂くパーツ一覧です。
■KW Coilovers Version3
■ASSO マルチフィッティングスペーサー F:6㎜ R:12㎜
■ASSO クロクロームホイールボルト F:30㎜ R:35㎜
KWと言えばこのパープルとイエローの組み合わせ。完成が楽しみです。

 

さっそくリフトアップして作業開始です。
今回はベースグレードの595ですが、レコードモンツァマフラーがインストール済みです。ドライブをより楽しむためのマストアイテムですね。

 

まずはリアセクションからスタート。
こちらが取り外した純正スプリングとKWスプリングの比較です。
まるで構造が違います。メーカーの拘りを感じます。

 

純正アブソーバーを取り外し、kWアブソーバーのお取付け。
伸び側・縮み側の減衰力調整が可能ですので、様々なシチュエーションでお好みのセッティングが可能です。

 

こちらはKW専用のバンプラバーのお取付け。
こちらも純正構造とは全く異なります。

 

リアの取り付けが完了し、フロントセクションの作業に入ります。
まずは純正ショックの取り外し。

 

こちらもリア同様に、純正との比較です。
ダウン量はフロント:30~60㎜/リア:10~40㎜と幅広く車高調整が可能です。

 

フロントも問題なくお取付け完了です。
今回の595は年式も新しく、走行距離も少なかったためアッパーマウント等はそのまま流用します。

 

取付が完了しましたら、しっかりとアライメントの調整です。

 

アライメントもばっちり調整させて頂き、すべての作業が完了です。
車高も狙い通り決まりました!もともとかなり前傾姿勢ですので、若干フロントのダウン幅を控えめにしてバランスをとっております。

 

出面もちょうどいい感じでツライチに。
たまーにクルマ側の個体差でびっくりする結果になる事がありますが、綺麗に決まって良かったです。

 

M様、この度はご依頼を頂き有難う御座います。
以前乗られていたお車で、KWの抜群の乗り心地の良さをご経験済みのM様。ABARTHでもその乗り心地の良さを楽しんで頂ければと思います。
今後とも宜しくお願い致します。

 
 

前のページに戻る

 

BLOG スタッフブログ

 
 
PDI
2024.2.26

PORSCHE 911にPPF!!

 
SALES
2024.2.25

New Stock Car!

 
Parts Section
2024.2.23

限定価格で発売中!

 

> ブログの一覧はこちら

CALENDAR 営業日 / イベント

2024/3
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
=休業日
 
 

autospec アウトスペック