WORKS

WORKS

595Cesseesse に ASSO Carbon !!

施工車種 : ABARTH 595C esseesse

限定モデル「ABARTH 595C esseesse」にASSOインフュージョン
カーボンシリーズのお取付けです。

もともとのABARTHのデザインを活かしながら、よりよりレーシーな雰囲気に仕上げていきます。

やっぱりアバルトにカーボンは似合います。

 

今回は「ASSO」のインフュージョンカーボンシリーズを中心に、カーボンパーツのお取付けです。こちらが今回取付するパーツの一覧です。
大物カーボンパーツがズラリ。。ワクワクします。

 

さっそくリフトアップして、作業開始です。
しかし「ESSEESSE」はイイですね。実車を見ると、台数限定ですぐに完売となってしまった理由が分かります。

 

まずはカーボンリアディフューザーの取付から。
こちらのカーボンリアディフューザーは、純正交換タイプではなく純正ディフューザーに貼付けるタイプです。

 

フィッティングも抜群で安心して取付可能です。
付属の両面テープと、専用のボルト&ナットで取付となります。また一部穴あけ加工が必要となります。

 

次はフロントリップの取付です。
フロントは3分割構成となっており、左右は両面テープとボルトにてお取付け。センターは両面テープのみでお取付けです。

 

フロントが終わったら最後に、サイドスカートのお取付けです。
こちらも両面テープと、専用ボルトにてお取付け。フロント&リアに合わせた若干控えめなデザインですが、付けた後の存在感は◎です。

 

こちらは以前にお取付けをさせて頂いた「COAPLUSデジタルインナーミラー」。
アバルトのようなリアの視角が狭いクルマにとって、非常に便利なアイテム。お問い合わせも多く頂いており、人気商品です。

 

さて、すべての作業が完了です。
THREEHUNDREDのカーボンフォグライトカバーとの相性もばっちり。迫力のあるフロントフェイスに仕上がりました。

 

サイドスカートもしっかり存在感を放っております。これが有るのと無いのでは、仕上がりが全然違ってきますね。

 

迫力のリアディフューザー。
エキゾーストエンドを囲うようなデザインで、アクラポビッチのカーボンテールとのコラボレーションも文句なしにかっこいいです。

 

T様、この度はご依頼を頂きまして誠に有難う御座います。
ガラッとレーシーなエッセエッセに仕上がりました。今後ともお気軽にお相談を頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

 
 

前のページに戻る

 

BLOG スタッフブログ

 
 
Event
2021.7.23

ABARTHなHAKONE。

 
SALES
2021.7.11

ABARTHな週末。

 
SALES
2021.7.1

ABARTH に TITAN BOLT。

 

> ブログの一覧はこちら

CALENDAR 営業日 / イベント

2021/9
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
=休業日
 
 

autospec アウトスペック