WORKS

WORKS

ABARTH595のライティングカスタム&カーボン。

施工車種 : ABARTH595 Competizione

先日ご納車をさせて頂いた、漆黒のアバルト595。
オーナー様からライティングカスタムと、大物カーボンパーツのお取付け依頼を頂きました。

ネロとカーボンが絶妙なアバルト。統一感のあるライティングで夜の街を駆ける姿。間違いなくカッコイイです。

 

早速作業開始です。
まずはライティング関係から作業致します。アバルトのライトはロービームがキセノン、デイライトはLED、ハイビームとフォグランプはハロゲンとバラバラです。
ここをアフターパーツを使い、統一感を出していきます。今回はすべて「fcl」のバルブをご用意させて頂きました。

 

まずはバンパー外しから。。
ツメが折れやすいので慎重に作業をしていきます。

 

バンパーを外したら、ご用意させて頂いたバルブを取付ていきます。この状態では何がどうなっているのか。。

 

ロービームは純正交換タイプの8000kをご用意。デイライトのLEDの色に近づけます。
ハイビームは同じく8000kのHIDキット。こちらはキャンセラーとリレーハーネスがセットになっており、安心して取付可能です。
フォグランプも同じく8000kのHIDキット。バルブメーカーとケルビン数を同じにして統一感を出します。

 

HIDに変更する事で、バラストやキャンセラーなど取付部品が増えます。その増えた部品をいかに収納するかが大変です。何とか創意工夫して、取付完了です。
配線を繋ぎながらのバンパー戻し。
「写真ばっか撮ってないで、少しは手伝え」とメカニックの心の声が聞こえます。。
これでライティングの作業は完了です。

 

次はカーボンパーツの前に、オーナー様にお持ち込み頂いた「AutoStyle」のブルーミラーの取付。レンズがブルーになるだけで、ガラッっと雰囲気も変わります。
また広範囲に後方確認が出来るので、実用性もグッと向上。優れものです。

 

さてラストは、「THREEHUNDRED」が誇るハイクオリティーのカーボンパーツのお取付けです。こちらが今回取付するパーツです。
■カーボンアンダースポイラー
■カーボンフロントバンパーインサート
■カーボンゲートハンドルカバー
パーツを見ているだけでワクワクします。

 

まずはカーボンゲートハンドルカバーから。こちらは付属の両面テープでのお取付け。取付前の脱脂作業を忘れずに。ボディと同じ黒でも質感が違うと、良いアクセントになります。

 

次はカーボンフロントバンパーインサートのお取付け。既にカーボンリップスポイラーはお取付け済みで御座います。

 

仕上げはカーボンアンダースポイラーのお取付け。
この迫力はスゴイです。これ一つでクルマ全体の印象が激変。

 

これで今回ご依頼を頂いた作業はすべて完了です。
フロント周りのカーボンパーツの重ね付け。なんとも贅沢。おススメです。

 

こちらがライト点灯時。
狙った通りの統一感です。夜のドライブがより楽しくなりそうです。

この度はご依頼を頂きまして、誠に有難う御座います。
今後とも素敵なご依頼をお待ちしております。

 
 

前のページに戻る

 

BLOG スタッフブログ

Event
2021.11.28

Event Report !!

 
 
 
 
 

> ブログの一覧はこちら

CALENDAR 営業日 / イベント

2021/12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
=休業日
 
 

autospec アウトスペック