WORKS

WORKS

ABARTH595×THREEHUNDRED×AKRAPOVIC。

施工車種 : ABARTH595 Competizione

シリーズ3最終モデルのコンペにTHREEHUNDREDサスペンションキットとAKRAPOVICマフラーのお取付けです。

乗り心地を重視しした足回りチョイスと、ボリュームよりスペックを重視したエキゾーストのチョイス。
全体的に品よく、大人な感じで仕上げさせて頂きました。

 

まずは足回りから作業開始です。
今回使用するパーツはこちら。THREEHUNDREDサスペンションキット(Street)に、ASSOのマルチフィッティングスペーサー。ブーストメーターの移設も施工致します。

 

メインはこちらのサスペンションキットです。
乗り心地をお求めになられていたオーナー様でしたので、全長式のこちらのキットをご提案させて頂きました。日常の足使いからサーキットまで、、非常にバランスのとれたキットです。
前後20段減衰力調整付きなのも嬉しいですね。

 

早速純正のKONIを外して、取り付けをしていきます。
バネレートは6kgをチョイスしております。ハード気味がお好きな方は7kgもお選び頂けます。リアは4kgです。

 

車高調整幅も、595ベース車両からフロント約-70mm/リア約-40mmとなっており、お好みの車高で調整が可能です。

 

スペーサーはCervoPiedeのマルチフィッティングスペーサーを使用しました。
フロント3mm/リア12mmをお取付けです。
サスペンションキット取付後はしっかりとアライメント測定・調整も行いました。

 

次はエキゾーストの交換です。
コンペティツィオーネですので、レコードモンツァマフラーからアクラポビッチへ変更です。
早速レコードモンツァマフラーの取り外しからスタートです。

 

こちらが新しく取り付けをするアクラポビッチエキゾーストシステム。
パワーアップ・トルクアップに軽量化。本当に優れたエキゾーストです。695シリーズにも純正採用されており、信頼性も抜群です。

 

それでは、お取付け。
アバルトのマフラー交換は、もう何十台と施工させて頂いておりますので、メカニックも慣れた手つきで作業致します。

 

今回はチタンテールをお選び頂きました。あくまで上品に大人っぽくのカスタムです。素手で触ってしまうと、汚れが残ってしまう可能性がありますのでご注意下さい。

 

チタンテールを仮付けして、出ずらを調整致します。この微調整が全体の印象も左右しますので、意外と重要な作業です。

 

オーナー様にも確認して頂き、取付完了です。最後にロードテストを行い作業完了です。
レコードモンツァのドロドロ感が無くなり、乾いた重低音が心地よく響きます。

 

この度はご用命を頂きまして、有難う御座います。今後のメンテナンスもお手伝いが出来ればと思っております。
それでは引き続き、素敵な ABARTH Life をお楽しみください。

 
 

前のページに戻る

 

BLOG スタッフブログ

Event
2021.11.28

Event Report !!

 
 
 
 
 

> ブログの一覧はこちら

CALENDAR 営業日 / イベント

2021/12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
=休業日
 
 

autospec アウトスペック