WORKS

WORKS

ABARTH 595×STEK PPF。

施工車種 : ABARTH 595 Competizione

ABARTH595に「STEK PPF(ペイントプロテクションフィルム)」の施工です。

今回はグリジオカンポボーロのルーフにSTEK DYNOblackを施工させて頂きました。

5層構造のプロテクションフィルムでしっかりとボディペイントを
保護しながら、イメージチェンジを狙います。


 

まずは洗車を行い、下準備をしてから作業開始です。

 

アバルトの場合ルーフモールがありますので、まずはルーフモールの取り外し
です。両面テープでしっかりと固定されておりますので、地味に大変な作業です。

 

次に、ルーフアンテナの取り外しです。
リアセクションの内張りを剥がし、ルーフアンテナを外します。

 

ここまで完了したら、大人気の STEK PPF の登場です。
カットしたPPFをルーフに合わせていきます。しっかりと厚みのあるフィルムですので
結構な重量です。

 

PPFをルーフに合わせた、専用のスリップタックを全体に吹いていきます。

 

そこからは専用のスキージを使い、ルーフに圧着していきます。状態を確認しながら専任スタッフが丁寧に作業を進めます。
アバルトはルーフ形状が比較的単純なため、作業が行い易い車種です。

 

ある程度貼り終えたら、しばらく乾燥させます。
状態が良さそうであれば、余分な部分はカットしゴムモールの中に巻き込んで
行きます。

 

ここまでの作業が完了したら、外したルーフモールとルーフアンテナを取り付けて作業完了です。
アバルトであれば乾燥時間も含めて、1泊2日で作業は可能です。

この艶々感をだすのは、通常のラッピングフィルムでは表現が難しいです。
このPPFならではのクオリティです。

 

ボディカラーのグリジオカンポボーロとの相性も抜群です。
ルーフがブラックになる事により、車高も低く見えかなりレーシーに仕上がりました。
オーナー様にもご満足頂け、何よりです。

 

写真は今回施工した車両ではありませんが、ボンネットにも施工可能です。
グロスカーボンのPPFも御座いますので、お好みでいかがでしょうか。

 
 

前のページに戻る

 

CALENDAR 営業日 / イベント

2021/5
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
=休業日
 
 

autospec アウトスペック